デュア・リパ、著作権侵害の疑いで提訴される

ステージで歌うDua LIpa

音楽アーティストのデュア・リパが、2020年のシングル「Levitating」に関する著作権侵害の疑いで、1週間に2度も提訴されました。

この曲はビルボードのHot100で2位を記録するヒットとなった。 また、女性アーティストの楽曲としては、最も長くトップ10入りを果たしたと言われています。

Global Newsが報じている通りです。

最初の苦情は先週、フロリダのレゲエバンドArtikal Sound Systemが提出したもので、Dua Lipaが彼らの2017年の曲Live Your Lifeを盗作したと主張しています。

金曜日に、ソングライターのL. Russell BrownとSandy Linzerが2つ目の苦情を申し立てた。 彼らは、Levitatingが1979年のディスコソング「Wiggle and Giggle All Night」と1980年の「Don Diablo」をコピーしたと主張していますが、この曲は「Wiggle and Giggle All Night」を侵害したために2人が著作権を保有している曲です...|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう

Artikal Sound Systemの主張はLevitatingのコーラスに関するもので、BrownとLinzerはDua Lipaが彼女のヒット曲のヴァースで彼らの音楽をコピーしたと主張しています。

Slateにあるように、この事件は

は、マーヴィン・ゲイの "Got to Give It Up" を盗用したとしてロビン・シックとファレル・ウィリアムスが500万ドルを失った2015年の "Blurred Lines" に関する判決(2018年に控訴して支持)以来、最も偏った音楽著作権裁判になりそうだ。

ニューヨーク・タイムズ紙が報じたように。

ロビン・シックとファレル・ウィリアムスが作曲したあのNo.1ソングの著作権裁判から4年。 マーヴィン・ゲイのディスコ時代のヒット曲「Got to Give It Up」をコピーしたとして、500万ドル以上の支払いを命じられました。 オマージュがいつ盗作になるのか音楽業界とソングライターに大きな影を落としている...。

ビヨンセやリアーナ、マドンナの曲を書いてきたソングライターのエヴァン・ボガードは、メロディや歌詞が、もはや自分では見つけられない一線を越えてしまうのではないかと、スタジオで自問自答していることを語った。

「コーラスを書こうとしているときに、判例など考えるべきでない」とボガード氏は言った。

音楽著作権侵害の疑いのある事件のほとんどは、裁判になることはありません。 すぐに決着がつくか、棄却されるかのどちらかです。 このような和解の痕跡は、楽曲のクレジットに表示されることがあります。

このような事件は裁判になると、「耳で聞いて」解決され、しばしば法医学者が関与することになります。

の件についてのインタビューで、「Live Your Life」に関して。 ローリングストーン誌、バークリー音楽大学教授で法音楽学者のジョー・ベネットは、問題となった曲では3小節ほどしか目立った類似性は見られず、No Doubtの "Don't Speak" やHelloweenの "Forever and One" など他にも同じコード進行の曲が多く使われていると述べています。

両曲とも、1998年のOutKastの "Rosa Parks "のような初期の作品からインスピレーションを得ている可能性が高いとのことです。

スレート誌の記事の結論はこうだ。

いざとなったら、デュア・リパたちは著作権侵害の罪を犯していると思うのでしょうか? そんなことはありません。 しかし、陪審員が「レビテーション」の一節が盗作であると納得することができると思うだろうか。 もちろんです。 もし鑑定人が、表記された法廷用証拠品に注目し、各曲の短い部分のみを再生すれば、陪審員は簡単に動揺することができます。 それに、誰もがダビデとゴリアテの物語を好むものです。Levitating "の成功を見れば、無名で苦労しているアーティストが、有名なポップスターに自分の作品を盗まれて大ヒットしたという(おそらく嘘の)物語に振り回されるのは簡単な話です。

カテゴリー: カテゴリーなし