ホプトン ウォーカー

ホプトン ウォーカー's Profile Image

ホプトン ウォーカー

電話: +1-312-803-4821
ファックス: +1-312-803-4960

プロとしての経験

Hopetonのプラクティスには、知的財産(IP)の問題に関するクライアントへのアドバイスと、関連するIP権利の確保が含まれます。 Hopetonは、さまざまな規模の企業と協力して、特許戦略を開発および実行した豊富な経験を持ち、非常に広範囲かつ多様な特許ポートフォリオを生み出しています。

Hopetonのプラクティスの大部分は、特許権利形成に集中しており、既存および次世代の有線および無線通信システム、メディアの制作と配信、および狭帯域およびブロードバンドシステム、アクセス、インフラストラクチャ、配信、関連するユーザー機器(UE)および音声、ビデオ、データ、コンテンツ処理などの顧客構内設備(CPE)テクノロジー等に従事しております。彼は、米国および日本、中国、韓国、台湾などの諸外国で特許出願を起草し、権利形成を行っております。

CHIP LAW GROUPに入社する前は、弁護士Hopeton Walkerは、30人以上の弁護士と特許代理人のチームを率い、6,000を超える特許と出願中のポートフォリオを管理していた事務所の株主でした。権利形成の経験を活かして、標準化団体(SO)や特別利益団体(SIG)、ライセンス、訴訟、特許取得、特許審査委員会、侵害分析、リバースエンジニアリングなどの活動をサポートしてきました。

Hopetonには、権利形成実務に関して、若手弁護士、エンジニア、パテントエージェントへのトレーニングやカウンセリングを10年以上の行っている経験があります。彼は、無線および有線通信、ビデオ処理、インターネットアプリケーション、ゲーム、ソーシャルメディア、テレビコンテンツ管理および広告などの分野で数百の新規出願明細書の作成、権利形成の経験があります。

電気工学のキャリアの中で、Hopetonは2G、3G、4G、WLAN、WPAN、およびイーサネット、TCP / IP、DOCSISなどのさまざまな技術に取り組みました。また、組み込みプロセッサシステムおよびツールの経験を含む、広範なソフトウェアおよびハードウェアの経験があります。

Hopetonは多才な発明家であり、エンジニアとしての彼の発明活動は、57件の米国登録特許、17件を超える米国特許出願、および多数の外国特許の結果に繋がりました。

これらの特許は、無線アクセスとトランスポートを含む幅広い技術をカバーし、いくつかの特許は、ツイストペア線や、同軸ケーブル、およびHFCを介したxDSLのような有線技術及び、無線アクセス技術を使用しながらローカルアクセスの加入者に、ブロードバンドおよび高帯域幅のパケットベースの音声、ビデオ、データ、インターネット関連のサービス、ソリューションを提供するものを含んでおります。

認定とライセンス

  • Illinois 
  • District of Columbia 
  • Florida 
  • U.S. Patent and Trademark Office

学歴

  • Rutgers University School of Law,
    JD, 2001
  • New Jersey Institute of Technology,
    MSEE (with honors), 1994
  • New Jersey Institute of Technology,
    BSEE (cum laude), 1993