USPTOの試験運用で効率化を目指す

USPTOロゴ

2021年3月、トム・ティリス(ノースカロライナ州)上院議員とトム・コットン(アラバマ州)上院議員は、米国特許商標庁(USPTO)の暫定長官に対し、「特許審査に従来の "コンパクトアプローチ "から "シーケンスアプローチ "を適用するよう審査官に指示するパイロットプログラムを開始する」よう要請した。

彼らの手紙にはこう書かれていた。

我々の理解では、現在の手続きでは、審査官は、35 U.S.C. Section 101に基づく特許出願の適格性を審査するとともに、セクション102、103、112に基づくクレームの特許性を評価することになっています。 私たちの懸念は、現在の実務のように適格性分析を行うことにより、特許審査官が、クレームが101条に基づき適格であることを審査官に知らせる可能性のある、先行技術、明確性、実施可能性の問題を扱う利益を得ずに101条拒絶を発行している可能性があるということです。

ご存知のように、102条、103条、112条に基づく審査は、法律の下で十分に開発された客観的な基準に基づいて行われます。 残念ながら、現在の特許適格性法理論は、他の特許性の根拠が持つ明確性、一貫性、客観性に欠けている。 我々の懸念は、審査プロセスの早い段階で、本来曖昧で主観的な適格性の分析を行うことにより、審査官が、101条に基づく有意義な審査を行うことが困難または不可能な時期に、102条、103条、112条に基づく審査の初期段階で行うことができるより厳格な分析や正確かつ思慮深い作業を犠牲にして、101条に過度の時間を費やすことになりかねないということです。

以前のレターで、彼らは次のように提案しています。

米国がこれらすべての技術分野でリードし続けるためには、現在の適格性法理が投資、研究、イノベーションに劇的な悪影響を与えているという事実を、もはや無視し続けることはできないのです。 このような明確性の欠如は、重要な新興技術への投資を妨げるだけでなく、診断、バイオ医薬品、ライフサイエンス産業における特定の重要な発明の保護を裁判所が完全に差し止めることにつながっています。 米国が過去100年以上で最悪の世界的流行病の抑制と治療に奮闘している今、現在の法理論が診断法や精密医療分野で多くの特許を取得することを事実上不可能にしていることは、まさに驚きとしか言いようがありません。

上院議員は、「特許審査にシーケンシャルなアプローチを適用するよう審査官に指示するパイロットプログラム」を要求した。

このパイロットプログラムでは、選ばれた審査官と、自発的に参加を選択した出願人が、特許性の根拠について全面的な審査を行い、そのプロセスが完了した後に、適格性の根拠について全面的な審査を行うことが要求されます。

この要請を受け、USPTOは、2022年2月1日に開始予定の非仮出版特許出願を対象とした「Deferred Subject Matter Eligibility Response (DSMER) Pilot Program」を発表しました。

連邦官報に記載されているように、パイロット版への参加者は以下の通りです。

[subject matter eligibility] SME却下への対応を、申請の最終処分、または他のすべての未解決の却下の撤回または緩和のいずれか早い時期まで延期することを許可する。

資格を満たした申請者には、本案に関する最初の国内訴訟において、招待状が送付されます。 招待を受けるには、申請者は正しく記入された申請書PTO/SB/456を提出する必要があります。

カテゴリー: カテゴリーなし