世界のブロックチェーン特許レースをリードするのは誰か?

近年、ビットコインの人気が再燃していますが、他のブロックチェーン応用技術も静かに発展しています。 その中には、人々の生活に大きな影響を与える可能性のあるものもあります。

ブロックチェーン技術は、デジタル情報の安全な流通のための新しいチャネルを開き、多くの分野を破壊する可能性を持っています。

当然のことながら、世界中の企業がブロックチェーン技術を保護するために取り組んでいます。

暗号通貨分野での人気は高いものの、ブロックチェーンの応用は金融にとどまりません。 例えば、リーガルテクノロジーにおける特許出願には、ブロックチェーンに対応したスマートコントラクトが含まれます。 また、ブロックチェーンは、世界中の供給ネットワークにおける物品の追跡と認証に使用される可能性があります。

ブロックチェーンをめぐる特許出願の活発化は、この技術に対する世界的な関心と投資の高まりを物語っています。

ブロックチェーンの理解

ブロックチェーン」とは、データを保存するための明確な方法を指す言葉です。ブロックチェーン技術は、「分散型台帳」とも呼ばれ、コンピュータネットワーク全体でデータを保存・分散する。 その目的は、簡単に検証できる正確な取引のデジタル証跡を作成することです。

ブロックチェーン技術は、将来の金融サービスインフラになるという見方もあります。 ある試算によると、この技術によって、取引の迅速化、金融インフラのセキュリティの向上、年間200億ドルの運用経費の削減が期待できるという。

ブロックチェーン特許の競争

Huawei、Xiaomi、Alibaba、Tencent、DJIなどの企業は、 中国が世界トップクラスで、技術的に進歩し、激しい競争力を持つ国であることを証明しています。 これらの企業の技術力には、多くの特許出願がある。

ブロックチェーン特許の世界的な出願件数でも、中国がレースをリードしていることは驚くことではありません。

2017年以降、中国ではスタートアップと大企業の双方によるブロックチェーン技術の導入が急増しています。 オンライン特許検索エンジンInnojoyによると、1万件以上のブロックチェーン関連特許が中国国家知識産権局(CNIPA)に提出されています。

知的資産管理雑誌の報道によると、中国で最も人気のあるモバイル決済アプリの一つであるAliPayを所有するアントグループは、合計2298件の特許ファミリーを提出した。

2位は、深センに拠点を置く保険事業の平安グループです。 2016年以降、1,215件のブロックチェーン特許ファミリーを出願しており、全ブロックチェーン特許ファミリーの69%を占めている。 1,666件の特許ファミリーで、中国のもう一つのインターネット巨人であるテンセントは3位につけている。

同報告書によると、ブロックチェーン特許の出願件数では、中国企業が明らかに優位に立っていることがわかります。

ブロックチェーン特許ファミリー数のトップ10には、アントグループ、平安グループ、チャイナユニコム、バイドゥなど、9社の中国企業がランクインしています。 9社が出願した特許は、全世界のブロックチェーン特許出願件数の約3分の1を占めています。 トップ10に入る非中国系企業はIBMだけです。

なぜ中国がリードしているのか?

簡単に言うと、中国政府が応募に補助金を出しているからです。 このため、ブロックチェーン特許は驚くほど多く提出されています。 このシステムは、企業の資金負担を軽減し、特に新興企業にとって有益なものです。

2019年、習近平国家主席はブロックチェーン技術が「中国のデジタル変革の次の波をリードする」と主張し、研究、投資、規制を強化するよう呼びかけ、ブロックチェーン技術の進展を促した。

そのため、3万5000社以上の企業が習近平の呼びかけに応じ、社名や重要な事業を「ブロックチェーン」という言葉に登録し、ブロックチェーン産業への事業展開を行った。 これらの企業は今、「ブロックチェーン自慢」をしたいだけでなく、ブロックチェーン関連の特許をより多く提出したいと考えています。

しかし、これは中国企業が実際に最も多くの特許を所有していることを意味するものではない。 実際、中国企業が取得した特許は数件にとどまっています。

真のリーダーとは

ここ数年、中国や米国の企業がブロックチェーン関連技術を保護するために特許を申請し、「軍拡競争」が繰り広げられています。 にもかかわらず、ブロックチェーンの特許出願は、失敗率が高いことで有名です。

Forkast Insightsの第1回中国ブロックチェーンレポートによると、2019年後半の時点で、約1万件のブロックチェーン関連特許がCNIPAに提出されているが、授与されたのはほんの一握りであった。

世界では、これまでに3,924件のブロックチェーン技術に関する特許が付与されています。 これは、ブロックチェーン世界特許認可の2020年レポートによるものです。 米国企業が取得した特許が全体の39%を占め、次いで韓国が21%となっている。 実は、中国は19%で3位なんです。

しかし、個々の企業で見ると、IBMの136件に対して、アリババは212件のブロックチェーン特許を取得しており、最も多くの特許を保有しています。 韓国のCoinplugは合計107個で3位です。 中国のテンセントは42人。

特許競争に迫る

ブロックチェーン特許の出願件数で中国がトップなのは、中国政府による補助金も理由の一つです。 しかし、この補助金制度は、ノイズと信号の比率を高くする結果にもなっています。 このことは、非居住者の特許取得率が68%であるのに対し、居住者の特許取得率は26%であることを説明している。

一例を挙げると、中国には3万5000社の「ブロックチェーン」企業が登録されています。 しかし、その多くは、投資家の注目を集めるための一種のシグナルとして「ブロックチェーン」という言葉を社名に加えただけのペテン企業である。

この3万5000社のうち、政府が定めたブロックチェーンサービス番号を持つ企業はわずか730社であり、国内のブロックチェーン企業のうち、その名が示す通りの業績を上げている企業は2%未満であることを意味しています。

ブロックチェーン特許の広義的な考察

ブロックチェーンがこれほど話題になったのは、新しい技術としては久しぶりのことです。

この技術は、信頼性の高い取引記録を必要とするあらゆるビジネスに利用することができる。 ブロックチェーン技術は、中央集権的な管理者を必要としない新しい認証・認可の方法を提供することで、新しいデジタル接続の確立を可能にします。

この分野での特許出願数は、ブロックチェーンの可能性を裏付けるものです。 本格的な企業は、ブロックチェーンで大規模なIP領域を確保することが、長期的にはかなり有益であることに気付いています。

世界的に見ても、中国企業は他国で同等の特許を申請することに慎重である。 このため、これらの企業の進出は国内市場に限定される可能性がある。 このような躊躇が、中国の特許付与数世界第5位を支えているのだろう。

申請と認可の比率から、中国の膨大な数のブロックチェーン申請には質の低さがあると推察されるのは無理からぬことである。 しかし、居住者と非居住者の特許許可件数の差は大きく、グローバル企業にとっては、国内企業より競争力があるため、中国に特許を提出するチャンスとなる可能性がある。

カテゴリー: カテゴリーなし